前へ
次へ

女性が着用をする喪服

最近では葬儀も近親者のみで執り行う家族葬が増加をしてきています。
その場合でも配偶者や親の葬儀の場合には女性は喪服でも和装のほうが好ましいと言われています。
しかし葬儀そのものが簡略化されてきているので、和装でなければいけないという風潮は失われつつあります。
どうしても和装のほうがよいと考えているのであれば、着用をする本人の気持ちを優先させるとよいでしょう。
和装の場合でも通夜ではなく告別式の際に着用をすることが多いようです。
若い世代であれば和装は好まないという傾向があります。
実際に和装の喪服を持っている人も少なくなっています。
これは地域差もあるのかもしれません。
都市部であれば、和装ではなく洋装のほうが動きやすいということもあるので好まれています。
機能性も考慮して和装を避けるという意味合いもあります。
これが地方になると配偶者であれば和装でなければいけないという威圧感を感じてしまうことがあります。
着用しなければ恥、とまで言う人がいるので気疲れしてしまいます。

24時間365日担当者が通夜などの相談に対応!
葬祭ディレクターが24時間365日対応してくれるので、急な葬儀でもスムーズに執り行えるよう迅速に対応してくれます。

どうしても遺品を見るのが辛い
整理の代行業者があなたのかわりにお片付けいたします

自分が生まれ育った地域と実際に葬儀を執り行う地域に違いがある場合には、執り行う地域の風習に合わせたほうがよいでしょう。
そうすることによって周りの人も納得してくれるでしょう。
家族葬であればあまり気にすることはないと言っても、地域によってはまだまだ近隣住民が関わってくるようなところもあるので、家族葬ができないという場合もあります。
そうなると周りの目も気にしなければいけないのかもしれません。
和装の場合、着物だけを用意すればいいというわけではありません。
帯も専用のものがあるので、準備をしておく必要があります。
また他にも足袋や草履なども必要になってくるので、洋装よりもはるかにコストがかかってしまいます。
それでも礼儀として用意をしておきたいということもあるでしょう。
どんなものを取りそろえたらいいのかということも葬儀会社に相談してみるとよいでしょう。
急に必要になった場合にはレンタルしてくれることもあります。

Page Top