前へ
次へ

喪服は暑いという時代は終わるかも

喪服は夏は暑いというイメージがあります。
生地がしっかりとしているという事から、通気性の面でもそれほどよくないという事もあるのかもしれません。
しかし、最近は生地自体に冷感触感のものを使用しているという喪服があるそうです。
触るとさらっとしていて冷たい感じなのが冷感触感の生地なのですが、これをいかした喪服が作られているそうなので、夏場に使用することが多いと考えている人にとっては、とても利用価値が高いものであると考えられます。
年を取るにしたがって、だんだんと体が大変になりますので、少しでも体が楽でいられる状態を作ることは大切です。
特に葬儀などは、長い間外に出て待っていたりすることもあるので、少しでも涼しくいられることは重要ではないでしょうか。
夏には夏向きの、冬には暖かく着られる喪服をそれぞれ用意するというのは、それほど贅沢なことではないと考えられます。
気持ちよく過ごすことを第一に考える事にしましょう。

Page Top