前へ
次へ

女性が白い喪服を着るときの意味を知る

現代において喪服といえば黒い服を想像する人が多いでしょう。
実際男性用のスーツなら黒しかありませんし、女性用のワンピースなどでも黒のものしか売られていません。
白いものが売られていても誰も買わないでしょう。
しかし女性が着る喪服の中には白があるようで、ワンピースなどではなく和装においてみられることがあります。
普通に葬儀に出席をする人が着るより、故人の妻などが喪主を務めるときなどに白い服を着ることがあります。
普通の常識だと葬式には黒、もしくは黒っぽい服を着るべきで、そこに真っ白の服を着るのは喪に服していないのではないかと考えがちです。
でも白には明確が意味があり、その意味を示すために着る人が多いのかもしれません。
女性が着る白い服に関しては再婚をしないとの意味があるようです。
夫に先立たれた妻においては将来的には再婚する道もあるのでしょうが、一生その夫の妻で生きることを決める人もいてそれを葬式の場で示すことができます。

Page Top