前へ
次へ

夏に着用する喪服のマナー

お葬式に参列する場合は、必ず喪服を着用するのがマナーです。
主に販売されている喪服は春・秋・冬に着用する用に作られています。
上質なしっかりとした作りになっているのが特徴です。
ただ、春・秋・冬用として作られたものだと、真夏に着用するのは、暑さとの闘いとなってしまうでしょう。
もしもの時を考えて夏用も準備しておくと安心です。
男性の場合、裏地のない夏用のブラックフォーマルを選ぶと良いでしょう。
裏地が無いだけでも着用した際の暑さはかなり変わってきます。
また夏用として作られているブラックフォーマルは、薄手で通気性のある生地を使って作られているケースが多いようです。
女性が夏用のブラックフォーマルを選ぶ際も、熱がこもりにくい裏地の無いデザインのものがおすすめです。
半袖のデザインのブラックフォーマルでも、今はマナー違反とは言われなくなりました。
ただ、あまりにも袖が短すぎるデザインは、やはりマナー違反となります。
半袖でも5分丈以上のものを選ぶのがマナーです。

Page Top