前へ
次へ

葬儀にスーツは駄目、喪服での理由について

葬儀においては、喪服で参列や参加を行うのがマナーです。
正装の意味では、スーツも正装として認められる場合もありますが、葬儀がどの様な場所なのかを考えなければなりません。
葬儀の主は、亡くなった故人であり、亡くなった故人を出来るだけ引き立てなければなりません。
宗教によっても意味合いに違いがありますが、亡くなった人の魂が、亡くなった事を自覚させる意味合いがある場合もあります。
通常では無い状況を作り出す意味でも、普段の生活で着こなしているスーツはあまりよく無いのです。
黒いスーツでも良いと思われる人もいるかもしれませんが、喪服の漆黒よりも、明るみがある場合がほとんどであり、参列の中でも目立ってしまいかねません。
そのため女性の喪服は、出来るだけ肌が見えない内容が望ましいと考えられている場合もあります。
男性の場合は、流行としてダブルよりもシングルの方が多く存在します。
ボタンの数に違いがあり、着飾る姿を控えているイメージを与える事ができるでしょう。
葬儀は、いつ何時、訪れるか分からないため、現在、着用できる喪服を用意しておくのも大切です。

Page Top