前へ
次へ

喪服が白から黒になった理由は様々

冠婚葬祭の時には礼服と呼ばれる服を着ます。
結婚式の時には白っぽい服を着ることが多く、葬式の時には黒っぽい服を着ることが多いかもしれません。
実は喪服はかつては黒だけでなく白の時代もあったとされます。
繊維の色は元々白が多く、それ以外の色にするには染める工程が必要になります。
そのため黒にしようとすると白のままよりも高くなります。
庶民の間で着る喪服としては染める必要がない白が多く、貴族などは黒い服を着ていたようです。
その後明治時代以降は徐々に和装から洋装に変わってきて、当初は海外から輸入されてくることもありました。
すると海外でよくある黒っぽい服がそのまま使われるようになったとの説があります。
それ以外には明治以降は戦争により葬儀を行う機会が増え、白っぽい服だと汚れが目立つ問題が起きてきました。
真っ黒であれば汚れが目立たないので都合がいいとして黒が広まったとも言われています。
紆余曲折を経て今は黒が一般的になっています。

Page Top